070922-23 Surfing*

b0041970_1341064.gif
昨年の茨城サーフでの良い波に感服し、今年も泊まりで茨城サーフを試みることに。
昨年は至近のキャンプ場を借りてテントを張ったのだが、かなり小狭い敷地と海への
アクセスの悪さを嫌い、行き当たりで浜辺にでもテント張ってみようかと、ちょっと冒険
しよう、が裏テーマに(俺が勝手にそう思ってただけ?)。

金曜夜は会社を辞める同期の送別会で1杯だけ飲んで、酔いが覚めた23時過ぎに自宅を
出発、1時過ぎに実家に着。即寝。

7時過ぎに起き、8時過ぎに友人H宅に行き、荷物の詰め込み。
昨年はマイカーだったのだが、今年はHのオデッセイで。シートの座り心地良す。

行きは比較的道路の流れも順調で、大洗まで4時間強。それでもやっぱ遠いなー
いい高速道路が早くできることを望む。

昨年お世話になったサーフショップ付近でとりあえず昼飯。
ちょっと贅沢に昼からちょいアルコール入れてみたり。

駐車場とテント張る場所をざっくり見積もった後、友人はボードレンタル。昨年同様、交渉して
朝サーフィンできるように日をまたいで貸してもらえることに成功!

板を借りて14時半ごろから波乗り開始☆
夏のように日差しが強く、快晴の一日だった。昨年ほどのコンディションではなかったものの
かなり楽しんで波乗りができた。

時間にゆとりがあるので、途中浜辺でうとうと一眠りしたり。いい時間でした。

さて、海から出て裏テーマのテント設営開始。
回りにテントはおろか全く人気がないのがちょっと怖い感じもしたが、テントを張るのは
何度もやっているのでさっくり終了。
それにしても半端なく波打ち際に近い。心和む波音かと思いきや、2chもしくは放送終了後
の砂嵐のホワイトノイズかと錯誤するぐらいのノイズ。意外に気持ち良かったけど(笑)

至近の老舗らしいレストランで夕食。客がうちらしかいない・ありえない(笑)
しかも20時ちょっと回ったところで、もう閉店時間大分回ってますんで~と追い出される始末。
ありえなす。

コンビニで買出し、テントに戻りワイン飲みながらポーカー、大貧民。
ポーカー、やり方忘れてた・・・大貧民、これもやり方が・・・やりながら思い出した。
小中高、同じ学び舎で学んだ3人が今こうしてこの場にいることが非常に奇跡的な気がした。

大貧民の途中で懐中電灯が弱灯になり、あえなく終了。
ふと外に出てみると、めちゃめちゃ星がきれい。海が近い。なんだこれ。すごい。

翌日から天気が悪くなるとの天気予報は適度に当たっているようで、寝る頃にはものすごい
暴風にあおられ、テントがきしみ、フライシートはバサバサ言い、飛びそうなトタン屋根の家に
住んでいるかのごとくな微恐怖感を覚えつつも、睡魔が勝り爆睡。zzz~


昨年同様、日の出を拝みつつ波乗り~と思いきや、やっぱり天気が悪く日の出が見れない
状態。8時まで一人爆睡。zzz~

テントを片付けて、午前中の波に浸かる。
昨日の筋肉疲労が引き続きで、なかなか思うように波に乗れず。
1時間強ほどですぐにへこたれ、休み休み。結局2時間ほどに終わる。

近くのスーパー銭湯温泉で体をほぐし、アウトレットでご飯食べ、ぶらっと見てさらっと買い
帰路へ。

帰り道はやや混みで、運転のHもお疲れの中ご苦労様でした。

しっかし、疲れました。もう歳だわ。
[PR]
by hiroscene | 2007-09-26 01:34 | Surfing*
<< エレガントディスク・リミックス... 070916 Surfing* >>