カテゴリ:Surfing*( 38 )

070503 Surfing*

b0041970_0504646.jpg

実に半年以上のブランク。
響き的にはとてもサーフィン上手そうな、5年目のシーズンがスタートしました。

冬場でなまった体を馴染ませる様に、比較的穏やかな東浜で。
今日はGWの真っ只中で陽気な天候のため、江ノ島観光の老若男女があちらこちらに。

海を見る事さえ半年ぶりに加えて、夏のように強烈な紫外線を浴びてテンションがあがる。

ウエットスーツの締め付けさえもかなり新鮮で心地よい刺激に。

最初は小さいかなと思っていた波も、だんだんとちょうど良い間隔と形に楽しく遊ばせて
もらえた。

一足早く夏を感じさせてもらえたのはなによりもサーファーの特権だ。
と思わずにいられない気持ち良い一日でした。

やはり僕はいつも自分を快に導いてくれるものを実感として近くに感じていたい人のようだ。
((機械的な理性と動物的な衝動の中間にある)実感というものがないとダメですなぁ)
[PR]
by hiroscene | 2007-05-04 00:50 | Surfing*

061014 Surfing*(寝坊により未遂・・・)

先週のことなんですが、楽しみにしていたはずのサーフィンなのに、寝坊してしまいました。

自分よりも遠いとこから来る友人に大変申し訳ないと思いながらも、今回はお休みさせて
もらうことに。そういや、いつだったかもこの季節に寝坊してしまったような・・・。

翌日にリベンジしようと思いつつも、気力が出ず、そして癒し有休をとった昨日もどうにも
上がらないテンションと、疲労した全身(のせいでテンションが上がらなかった)の為、
しばしサーフィンはおあずけ。

板を買って、いつ(土日)でもできると思って、特別感が失われちゃってる感じもあるんかな。
まぁ、そんなときもありつつも、一過性ではなく、ライフスタイルとして続けていきたい。
[PR]
by hiroscene | 2006-10-22 01:14 | Surfing*

060930 Surfing*

b0041970_0581948.jpg

3週間ぶりのサーフィン。それでもずいぶんと久しぶりに感じてしまう。今年はマイボードを
買ったこともあり、他の海へ遠征したこともあり、ずいぶんサーフィンとの距離が縮まった
なぁと改めて思う。

さて、海水浴場となる江ノ島東浜では7月以降できなかったので東浜では実に3ヶ月以上ぶり。
コンディションは今回も荒れなし、極小うねりのみ。うねりのサイズは少しずつ大きくなったが
それでも腰あるかないか位か。胸以下の浅瀬でスタンディング波待ち、テイクオフして終わり、
みたいな。ファンボードでぎりぎり立てるかどうか、というぐらいの波でしょうか。
今回はロングボードをレンタルしたのでロングのハシりを堪能しました。

以前に比べればサイズやゆるさに少し不満もあるが、基本はやっぱり板がハシる感じが
気持ちよくて、何度も堪能。テイクオフ後のボードを如何に安定させてコントロールするか、
というかなり基本ができていないという実感があるのでそちらに意識を向けて練習を
してみたり。自分が気持ちよいの延長上にある、自然と一体化したカッコ良い乗り様になる
には、まだまだ鍛錬が必要のようです。

もう10月に入る時期にしては適度に温暖な天候で、気持ちよい一日となりました。
[PR]
by hiroscene | 2006-10-03 01:11 | Surfing*

060909 Surfing*

b0041970_1240120.jpg

千葉、伊豆白浜、茨城、とホームポジション(と勝手に思っている)の湘南から離れていた
ここ1月半ほど。久しぶりに戻ってきました。

今回はもうすっかりa la CULTyang (あらかるちゃん)として次世代ハイブリッド思考の
持ち主keitaを引き連れて、a la CULTer 総リアルサーファー化計画のつかみを
模索しに。(なぁんて)

天気は前日夜雨が降ったりして、朝も曇っていたから寒そうだなと思っていたら、9時ごろ
にはすっかり晴れてきて、残暑残暑もいいところ、デ・ス・ヨ!夏と変わらない蒸し暑さでした。

波はどうかなと思って、最初は非常に小さくて鏡のような水面だったけど、
だんだんと安定してサイズもひざ腰程度の緩やかなうねりだけが入ってくる状態になり、
ゆったり楽しむのとか、初心者の練習には申し分のないコンディションになりました。

現地で待ち合わせたTにファンボードを貸してもらって、それでkeitaに練習してもらった。
正直、いきなりファンボードではバランスをとるのが難しいかなと思っていたけど、案の定
ぐらぐらと苦労して大丈夫かな~なんて心配していたけど、3時間ほどのうちに岸際の
スープで一人で立てるようにまでなりました。波に乗るアノ感覚を感じてもらえたみたいで
なによりでした。いい顔してました。

自分も自分で、形の良い波を堪能してレールを食い込ませる感じを感じて納得してみたり
板の操り方を練習したりできてよかったです。

だんだんと人が増えてきたところで終了。
心地よい疲労感とだるさが出てきました。
今回も海に感謝です。
[PR]
by hiroscene | 2006-09-10 13:29 | Surfing*

060826-27 Surfing*

b0041970_21445666.gif

2年ぐらい前から機会があれば話が出ていた茨城サーフ。とうとう、とうとう実現しました!

埼玉の実家から茨城大洗までざっくり4、5時間。高速道路がないもんで、こりゃあ不便。
なんとかがむばり、大洗に到着。それからそれから、まずはロングボードレンタル オケな
ショップを探す。あてにしていたショップがなんと閉店しており唖然としつつ、海の近くを探す。
すると、そこにあったのはあてにしていたショップ。移転だったみたいです。

ロングボードをレンタル、ショップは9時~19時なのだが、泊まりサーフならではの
早朝サンライズサーフを初体験すべく日をまたいで借りれないかと図々しくも交渉。

なんと貸してもらえることになった☆ありがたぅ。サーフィンを志す者、想いは通ずるのだな。
そんなほっこり感もよそに、エアちゃんにロングボード2枚とファンボード1枚、そして荷物と
3人が乗るのか?というかなり根本的な疑問があったが、なんとかなんとか工夫して
乗りました。
なにやら、バックミラーから通常ありえない位置に友人Uの姿が見えたりしましたが・・・
オケ。(狭いところご苦労様でした)

よりプライヴェート感を求め、30分ほど南下したところにある京知釜へ。
浜を車で走るのは初めて。当たり前のようにポイントを探しながらゆっくり走っていると、
なんと埋もれて身動きとれなくなり・・・
近くにいたサーファー2人に助けられ、無事生還しましたが一気にテンションが急降下。
おとなしく大洗に戻って確実なポイントでサーフィンすることにしました。

さてさて、海を見てから実際に入るまであれやこれや↑4時間ほど経過し、待ち焦がれた
入海。なんや、ずいぶん沖から乗れる波がきてるやんけ☆しかも速過ぎず、ホレ過ぎず
ロング、ファンボードでゆったり乗るのに適した波。しかも広いし時間ももう夕方だったので
人もまばら。こりゃあ最高です!夏場の湘南なんて行ってらんないよ!ってまじ思う。

そんなことを言いつつ、やっぱりまだまだファンボードでの修行が足りず足が着くところで
練習をしてました。足が着くところからでも岸まで結構長く乗れるので気持ちよかったです。


翌朝、4時起きで昨日と同じ浜へ向かう。すでにサーファーが結構集っている。
そりゃあ朝日を見ながらサーフィンしたいでしょ、やっぱ。
日の出とともに入水。パドる。なんだこれ、スゴイよ。自然の雄大さを感じまくりつつ、
上手く波に乗ってやろうと思いながらも、昨日の疲れが全然残っていてテイクオフさえ
ままならず。サーファーの数もだんだんと増えてきて、湘南並みになってきて気疲れさえ。
途中ちょっと休んで8時には引き上げた。

しかしシャワー完備のショップも駐車場も目の前だし、波もいい感じだし、再来決定!
な大洗でした。もちろん違うポイントでもトライしてみたい。
[PR]
by hiroscene | 2006-08-30 22:29 | Surfing*

060805 Surfing*

伊豆白浜。

その名の通りきれいな白浜にエメラルドグリーンの海。昨年も会社の同期で遊びに来た
のだが、そのときからきれいな海でサーフィンできたらほんと気持ち良さそうだな~と
思っていたところ、今年も同期で行くという話に。

ちょうどボードも買いたいと思っていたところだったので、間に合うように購入、そして
今回ボードを持って伊豆白浜に向かうのでした。

昨年見ていたため、ポイントとか波の感じはなんとなく印象にあったものの、新しい板
との相性だとか、ローカルの具合だとかは実際に海へ入ってみて、という感じだった。

波の具合は結構穏やかながら、時たまショートでも乗れそうなサイズの波がセットで来る
感じで乗りやすいかなと思っていたが、意外に深く、水も冷たい為足の着くところでやろう
とすると波がすぐ崩れて乗りにくかったり、波待ちでガクブルしてしまうような状況で
結構しんどかったです。

まだマイボードの重心を捉え切れてないため、波にあわせようとパドるときに板がグラつき、
板が走らずに置いてかれるか、急にブレイクする波に巻き込まれて刺さるかどっちか、
みたいな感じでした。

そんなわけでマイボードに慣れるべく余裕を持って楽しむ感じではなく、かなりストイック
に練習モードになってしまった。ロングだったらきっといい感じで板が走って乗れたん
だろうな~と思ってしまった。

ローカルっぽい人はやっぱり相当上手かったが、あまり上手くない人も多かったので
そういう意味では気負わずマイペースで楽しめたと思う。

午前中に2時間半ぐらいやった為、午後は疲れが残っていてパドル力も衰えてるし、
腕立てする筋力も厳しく、結構散々でした。やっぱり一日3時間ぐらいが楽しめる限度
なんだろうな。

余裕を持って乗れるロングボードが少々恋しくなったライディングとなりました。
またひとつ違う浜、ポイントでライディングができてよい経験になりました。
[PR]
by hiroscene | 2006-08-10 00:36 | Surfing*

060729 Surfing*

板を購入し、とうとうリアルサーファーになってしまった昨今、ロン毛にでもしようかと
1週間悩みに悩んだ末、悩んでもすぐに髪は伸びないことに気づき、
ロン毛をあきらめかけた金曜夜。思いつきで、早速ショートボーダーTに千葉行きを打診。
早速翌朝土曜日にマイボード&千葉デヴューを飾りに行くでした。いやーフットワーク
軽くてよろしいよろしい。

子供さんたち(大学生含む)の夏休み最初の土日でしたので、道路が混んでます。
3時間半ほどかかってようやく千葉片貝へ着。海ってほとんど行ったことないんだけど、
子供の頃家族で茨城の海に行ったときの記憶がよみがえってきました。
湘南とは違って、だだっ広い浜の海。いやー開放感。海の家とかもいい感じです。

早速着替えて、すっぴんの板に初めてワックスを塗る。どんな感じでどれぐらい塗って
いいかもよーわからん。えいやで塗る。いやぁ愛着が沸きますね、マイボード。だいしゅき☆
と愛でつつも、海に出てみると慣れもあるかもしれないけど結構不安定でぐらぐらする板。
暴れ馬ちゃんでした。しばらくテイクオフさえさせてもらえない状態で凹みました。

まーま、そこは慣れで何とかなってきました。でもその頃にはすっかり腕も疲れ、意外に曇り
な天気のせいか体が冷えてしまい歯がガチガチ状態。2時間強であえなく場外へ
退却しました。

日によるとも思うけど、結構左から右からバリエーション豊富な波が来て、波に自分を
合わせて乗るという少々難しいけど逆にそれで楽しめるなぁと思いました。

板にも大分慣れてきたし、数回気持ち良く波のフェイスを滑り降りることもでき、楽しめました。

どんどん行きます。
[PR]
by hiroscene | 2006-08-01 06:27 | Surfing*

060715 Surfing*

b0041970_21274672.jpg

ギラギラギラ☆
典型的な夏晴れです。日差しMAX!ビーチももう夏モードですね。
ビーチバレーの人もたくさん、ビキニのチャンネェもまぶしぃ☆

さて、そんな中のサーフィン。5日ぶりという、ここまで間の空かないサーフィンは初めてだナ。

今日も台風の影響で波高めでしたが、オンショアが強く、波の形はぐちゃぐちゃで最悪。
そして鵠沼は人が多すぎる!!!しかも自分より上手くない人が多いと腹が立つ・笑
(まだ自分もへたくそなのでそれらを受け入れられるほどの余裕がないのです・苦笑)

今日は8ftのファンボードを借りてトライ!こないだの7ftちょいと比べると、ほとんど
ロングボードと同じ感覚。乗りやすさとか、板の取扱いとか。板が厚くて幅が広いので
俺の腕の長さでは持ち運ぶ際に片手で抱えて運べません。買うならやっぱり片手で抱えて
運べるサイズ、形状にしたいです。やっぱり7ft~7.5ftぐらいなんだろうな~。

ドルフィンスルー、ローリングスルーが使えない自分にとって今日みたいなコンディションだと
スープに紛れた小さめの波を上手く捉えて乗るぐらいしかできません。それさえもあまり
満足にできなかったけどね。

初のラッシュガード+サーフパンツでのサーフィンでしたが、想定外に腕と足がすれ、
ちょっと泣きそうでした。普段いかにウェットスーツに守られているんだなぁとありがたみを
感じた。そして自分が弱いのだな。もっとあらゆる面でたくましく、サーファーになりたい。
もちろん自分らしく繊細さは忘れずに。
[PR]
by hiroscene | 2006-07-18 21:36 | Surfing*

060709 Surfing*

b0041970_23291899.jpg

行ってきました、初の車 de サーフィン!6時前起き!↓(眠っ)

てか、一般的イメージではサーフィンは早朝・車に板積んで、みたいなのがあるんでしょう
けど、これまではことごとく型破りなスタイルでやっていたわけです
(自分的には全然アリなんですけど&すでに自分みたいなのがサーフィンしている時点で
 型破ってる完ありありなんですが・笑)

兎に角、8時過ぎの鵠沼はいつもとは全然潮が引いていて&台風接近の影響で別物でした。
(写真は鵠沼 ビーチバレーのコートが結構いっぱいありました)
そして混んでるもんですね~サーフ馬鹿がいっぱいでドキワクしました。

寝坊して1時間ほど遅れてきた友人(コノヤロ)と混み具合を考慮して辻堂でやることに。
2.2m(7フィートぐらい?)のファンボードを友人に貸してもらいました。

あからさまに上手い人は沖に、下手な人は近場にポイントを据えてやっていました。
とにかく自分的最大の波、これぞサーフィンって感じに波の斜面の高低さを生かして
ライディングしている上手い人達を見ました。すげぇ。カッコいい。

さて、自分ですが最初はファンボードでの重心を見つけるところから始まり、1回上手く
テイクオフできてからは波にパワーがあったこともありそれほどいつものロングボードとの
差を意識せず楽しめました。

いつものひざ・腰・胸あたりの波より、大きく頭越えするほどの波は初めてだったので
果敢に挑んではめちゃくちゃにされるのが楽しかったり、よりサイズの大きな波に立ち
向かえることができるように体を慣らしたりしてました。

今日も自然と自然な笑顔がこぼれてきて、シンプルに楽しーなぁーと幸せ感じてました。

また、昼までにサーフィンを終えることで一日ゆっくり過ごせて早起きは3文の徳、感も
味わえました。1時間ぐらいで海に行けたらもっといいのに~と思わずにいられない
今日この頃でした。
[PR]
by hiroscene | 2006-07-10 23:48 | Surfing*

060617 Surfing*

b0041970_2342663.jpg

もう週末はまた雨か、というトラウマがすっかりつきそうな今年の4~6月。
例外なく今週末も雨予報。まー慣れた慣れた。

さて、波情報をチェックしとくと前日金曜はオンショアで大荒れ。でもうねりは入ってきてる
みたいなので風が収まればいいはず!と少々期待をしつつ江ノ島東浜へ。

コンディションはバッチリでした!若干オンショアではあるものの、サイズも形も良好。
前回のサイズアップした感じで沖からテイクオフできるのでより長く乗れ、乗ってからの
動きが大分練習できた。横に乗る感じも味わえた。

もう、ほんと楽しくて楽しくて!楽しい、気持ちいい!としか表現する必要がないです。
ていうか表現できないこの感覚。再現性がないからその一瞬一瞬が新鮮。

開始30分ですでにかなり乗った感もあったけど、それ以後も全然乗れます。さすがに
人は多めで少々気を使ったりもしたけど存分に楽しめました。

予想以上に日焼けをしてしまいました。首と手首に日焼け境界線ができてます・・・

もう7月も近いので、海の家も建とうとしています。海が開いたら東浜でサーフィンは
できなくなる。次回は久しぶりの西浜かな。千葉や茨城にも行きたい欲じゅるじゅる。
[PR]
by hiroscene | 2006-06-19 23:38 | Surfing*