「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Music*( 24 )

11/25(日)クラブイベントの業務連絡 兼 告知

えーお久しぶりです。
脳内プチトリップ(ようやく帰還)している間、家のメインPCもプチトリップ(こちらは重体?)
してしまい、ネット活動が滞っている今日このごろです。
使いづらい古いノートPCから、
今度の日曜のイベントの業務連絡 兼 告知でございます。

a la CULTのハコイベントは相当久しぶりです☆
私O.G.IとしてもハコでのDJは1年以上ぶりです。
よろぴく☆

今回は先日とあるご縁でお知り合いになったVJ vj1.0(aka イノッツ)様
の2年ぶりのVJ復活祭ともなります。おヒマならキテよね!!!

イベント名:『a la CULT VS ヤシマ作戦』
日時:11月25日(日)15:00~21:00(三十路周辺に優しい時間w)
場所:ACID PANDA CAFE @ 大岡山
CHARGE:¥500

☆★Special Thanks☆★
■VJ vj1.0(aka イノッツ)

■ヤシマ作戦クルー
・DJ KeiyA(アングラHIPHOP)
・DJ SHO(abstract&HIPHOP)
・dj shu(アングラHIPHOP)
・DJ NAO(アングラHIPHOP)

■a la CULTクルー
・mar-x(HOUSE、Drum'n Bass風味)
・O.G.I(Ambient~Electronica~Jamtronica~Click House~Breakbeats)
・90's(Techno、ズンドコズンドコ)
・AD NAVE(ROCK+α)
・小市民M氏の場合(ターンテーブル)&イケダ ヨウコ(ボイス)による即興インプロ


※ほそく
会場では色々暇つぶしできるみたいですので退屈しないと思いますヨ♪

(例)mixiより抜粋↓
☆酒が飲めます、食べ物が食べられます。
★ステキなおしゃべり(笑)が楽しめます。
☆DJが音楽をかけています。
★ファミコンやX-BOXにPS2が出来ます(ソフト提供&持参可!)
☆店内mixi可能!=店内にてマイミク増やせます
★ミニ四駆のコースも有ります



イベントスケジュール
http://www.acidpanda.com/cafe/schedule.html

ACID PANDA CAFE 略してAPC(笑)
http://www.acidpanda.com/cafe/

APC mixi
http://mixi.jp/view_community.pl?id=140072
[PR]
by hiroscene | 2007-11-19 20:37 | Music* | Trackback | Comments(2)

エレガントディスク・リミックスコンテスト応募

昨日午後から制作に取り掛かり、今朝3時過ぎに完成し(させ・・・笑)ました。

エレガントディスクは"LOVER" urara hikaru
を珍奇心で購入、衝撃を受け愛聴&DJで使ったりもして、という感じで知っていました。

後、urara hikaru = 敬愛する某JP electronica 姫 であることを知り、
一層の衝撃&ここでここが繋がったか!?
と自分の妙な嗅覚に 気持ち良さ/気持ち悪さ 50/50 を感じていたのでした。

この企画、(記憶は曖昧ながら)7月終わりごろに募集の告知をmixiで知り、応募したいなぁ
と思っていつつなかなか制作に取り掛かれず、締め切りが9月末に設定されていたので
この土日しかないと思って急いで取り掛かりました。

これまでの制作では最後の仕上げ(Fade in~Fade out)以外は全てQY70で打ち込んで
いたのですが、今回はremixの素材がAudio Fileであったがゆえ、さすがにPCを使える
ようにならんとあかんべ、ということでQY70とセットで買った、XGWorksを覚えながら
制作をば。とはいえ、結局打ち込みはQY70でやり、それと同期させる為にXGWorksを
介しただけ、でした。それと波形編集をちょびっと。

初めてのことはやはり時間がかかりますが、着実にこれまでやってきたことが身について
応用している感がドキワクです。まだまだ修業の身です。日々精進です。

人間(て言うか俺?)、最初は理想だとか希望だとか理念を描いて追い求めるのですが、
結局時間制限があるものについては最後は“終わらせる”ことが目的になってしまうことを
痛感しました。何事も、なるべくそうならないようにしたいな。


urara hikaru remixed by gonio "amatsudokidoki-mix"
下の方の■gonio remix からmp3をダウンロードして聴いてみてください。

amatsudo、とdokidokiをかけてます。今このときだからありえるタイトル。
※amatsudo→アマツド→海士集→海士へ集う→海士へ集うブロガー達

最初の数十秒ぐらいが好きです(笑)以後は???恐らくコードが外れているのだと
思いますが、かなり強引に仕立て上げました(笑)
クリック~プログレッシブハウス、トランス的な要素があるかと。あとは変態的な要素も(笑)

自分にとって制作は日記のような、俳句のような、記録的な意味合いがあるように思います。

エレガントディスク・リミックスコンテスト
http://www.geocities.jp/elegantdisc/mp3.html
[PR]
by hiroscene | 2007-09-30 21:13 | Music* | Trackback | Comments(0)

FUJI ROCK FESTIVAL '07

b0041970_22581276.gif

28(SAT)
さあーやってきました苗ロック!夏といえばFUJI、FUJIといえば夏(そりゃそうだ)ですが、
実に3年ぶりにFUJI参戦してきました。

3年振りとはいえ6回目なわけで、えぇまぁ比較的古株ということで、上から目線な
スタンスでレポします。

まずは人が多いね!んで、2日目から参加なわけでテント張る場所が遠くになりそうで
めんどくさかったけど、運良く片付け中の一家に遭遇、空いた場所に張らせてもらえました。
こーいうちょっとした交流が嬉しいよね。

NORTHFACEゴアテックスJKT率、CROCKS率が異様に高くてびびりました。
筋金入りのリピーターが着々と増えつつうーむな感じもしつつ。

テント張り後の1杯(ニッポンプレミアム)を堪能しつつ、WILLCOM電波届くのに驚きつつ、
一眠りしようとしつつも寝付けず活動開始デス。

FUJI初参戦の会社の同期をグリーンステージを見せる前にグリーンの裏を見せるという
類稀な体験をさせるべく、ドラゴンドラで天上界へ。前回よりも混んでいて、ゴンドラも相乗り。
しかも進行方向と反対側を向く席になり、ちょっと怖い乗り物に(いきなり急降下、急上昇)。
天上界では着ぐるみに和みつつも、雨が降り出し自然の厳しさを垣間見つつ、下界へ。

下り路線では行き交うゴンドラで見知らぬフジロッカー同士で手を振り合ったり、
じゃんけんしたり。
こーいうちょっとした交流が嬉しいよね(2回目)

レッドマーキーで少年ナイフを見る。メロ丸出しの単音ギターソロの無防備さに
青き日の思い出が重なる。

クーラシェーカー、という響きがすでに懐かしく、3年ぶりのグリーンステージを通過。
後方のうざいタープ類が禁止になって正解。音のでかさにちょっとウキドキ、ドキワク。

グリーン-ホワイト間、キッズランド、ところ天国、川。あ~ほんと懐かしい。
ほんと6回目ともなると、ほとんど全ての場所で思い出がいっぱい詰まってるなぁと実感。
なんだかんだでいろんな人といろんなことがあったなぁと。今は昔。

川に浸かっていると、大道芸の始まり。これもフラッシュバック現象。
ついつい最後まで見てしまい、アヴァロンでGABBY & LOPEZ。これは楽しみにしていた。
寝転んで見たかったとこだけど、結構混んでましたね。途中オオヤユウスケの参加も
ありつつ、ギターアンビエンスが心地良し。

G.LOVEを見たいとこだったが、遠すぎて却下、とりあえず最果てのステージの
オレンジコートへ。FEIST。いつぞやのKAKIKINGしかり、かっこよくてギターうめぇ
女性シンガー。いいもんみぃつけた。

フェスのノリと経済力に物を言わせ(笑)、ザブトン丼¥2000とか食ってみる。
上カルビ1500円+ご飯見たいな感じか。無茶な値段ではないといえばない。
ミラーボールアレイの下でiLLを見る。といいつつ、爆睡してしまう。
(自分の中では寝れる音は少なくとも悪いものではないという認識)
最後の方の曲で、ベースが高速で疾走している曲で目が覚めた。この曲はちとやばかった。
途中にもやばい曲があったのかも。

ヘヴンでGov’t Mule。デッドの血を継ぐ(合ってる?)バンド。最初はいい感じだったのだが
ここでも睡魔が襲ってきて、気付くとドラムソロが超長かったり、ビースティも垣間見ようと
帰路へ。

ビースティ、自分の中では悪ガキ3人組、って感じだったけどすっかりおっさん3人組に
なってて驚愕。でもグリーンステージにぴったりハマってました。

夜RED。SPACE COWBOY。大ネタをノイジーかつ、(あえてなんだろうけど)トーシロー
ぽくいびつに接合。付近の若人のオイオイコールも手伝って、とても踊れるものでもなく
意気消沈(笑) 直前に食べたタイラーメンが初フジ'00の時と同じ味がして、かなりいい
フラッシュバック状態で高揚していただけに残念。

動くと疲れるし、ゆっくり休める場所もないので意外に時間を潰せない夜のREDの感じも
健在でした。卓球まで時間があるので一回テントに戻ったのだけど、戻ったら戻ったで
また出撃するのが億劫になりつつ、すごーく遠くの重いキックで卓球プレイを妄想。

連れが見たいというバンドをROOKIEへ見に。何気にPALACE OF WONDERの場が初。
球体の中で3台のバイクが爆走するというサーカス的なものを見た後、avengers in sci fi
噂のとんこつラーメンがさほど旨くあらず、がっかりしつつCRYSTAL PALACEへ。
ここはやばいと友人が言っていたことがわかった気がした。確かにこの空間はやばい。
ちょっとしたクラブ、自分的最盛期の新宿LIQUID感がフラッシュバック。

友人に遭遇を試みようとしたが、疲労に勝てず戻テント寝む。


b0041970_22584131.gif
29(SUN)
暑さで目が覚めるテント泊。8時過ぎには会場で合流した友人とお別れ。おつかれ。

YoLeYoLeを見にアヴァロンへまっしぐら。と思いつつ、ホワイトからこもしろい音が。
DEERHOOF。Ruinsみたいな1曲どんだけー?みたいな。曲がころころ展開して、
終わらないみたいな。なかなかなか。

アヴァロンで買ったマンゴービールというマンゴージュースとビールの合いの子が予想外に
美味かった。ドリンク部門1位。

そんな美味いマンゴービールを飲みながら、芝生に寝っころがりながらのYoLeYoLe。
良いね~ヘブンにMAJESTICS、を期待していたけど、またいつかそんな巡り合わせが来る
年がきたら見に行きたい。
天気雨とよれよれにたなびくカラフルな布の飾りが奇跡的なバランス。

toeを見る前に、ほんとの最果て今年新設のSTONED CIRCLEをチェックしに。
グループドラミングに興味津々丸の昨今だったので参加を決意。

朝霧シチュー ウマーしつつWHITEでtoe。インストバンドだと思っていたら女Voが。
あとで相方に聞いた話ではFUJIスタイルだったとのこと。10分ほど見てせいかつサーカス。

直前に飲んだ生黒ビールとも相まって一番自然に踊れて笑えた時間でした。
大きな風船に人が入ったり、綱渡りをしたり、サーカスしてました。せいかつはサーカス♪

オレンジで上原ひろみ。かなり混んでました。人気者だなぁ。メジャーシーンな人だけれども
ライブを見たらイメージがヘンタイ、に上書きされ(笑) 音色と音遣いがヘンタイ。

クラムボンと迷う相方を背にドラムたたきに行ってみる。
楽しかったけど、意外に上手くたたけず、上手く叩けないと手が痛くなるわけで、
アザができるぐらい叩いてしまった。
久しく見ていないクラムボン見たほうが良かったかもしれないかもしれない。

2日連続川で大道芸閲覧。2日連続見るものでもない、が見始めると止まらない。

BATTLES。前評判の高さと確か3年前ぐらいに新宿LOFTのイベントで見たTORTOISE的
なポストロックの印象があったのでやや期待してみるモード。
残念ながら自分には合わなかった。3年前のはなんだったんだろう???

疲労が限界値に達しつつあったのでSOUL FLOWER、ジェイクシマブクロ見れず。無念。
BATTLES見ないでヘブンとオレンジ往復した方が性に合ってたわ。

V∞REDOMS。去年の朝霧でみた7本ネックギターが更にもう一セット(ベース?)追加され
つつも、基本は朝霧と同じかなと。でもちょっとこなれてきてたり、バックに映し出された
アナログな幾何学的な照明がやばくて、最後まで見ても良かったかも。トリプルドラム最強!

今FUJI一番のフラッシュバック現象期待度No.1のグリーンステージでのケミブラ。
たしか初FUJIでもグリーンでケミカルだったはず。そしてノリ方を知らず無意味な劣等感を
感じたほろ苦い感じが懐かしい曲群と共にじわじわとこみ上げてきた。
でー、結局2/3程度は爆睡しちゃいました(笑)

昨日会えなかった友人と苗場食堂付近で会おうとしてたけど、結局会えず毎回起こっていた
FUJIマジックも起こらなかったのは残念。
冷えた体を苗場食堂の味噌汁が暖めてくれた。
近くにいた若男女(恐らく18~21才ぐらい)3人組の会話が耳に入る。
みんな微妙な丁寧語のトーク。会場で初めて会ったって感じ。自分もそんなことがあったので
昔を懐かしむ感じで微笑ましくも。そんな3人組に思い出の記念写真を御願いされる。
こーいうちょっとした交流が嬉しいよね(3回目)

3:45~という殺人的な時間のROVOを見たかったので、テントに戻って一眠りしようと。
が、目覚めると5時過ぎ・・・寝過ごしちゃいました。年金問題ばりの大失態。


b0041970_2259281.gif
30(MON)
もう一眠りして8時過ぎに雨の音で目が覚める。この雨は止みそうにない。キャンプサイトも
12時に閉鎖なので雨の中片付けねばということで一仕事。
雨中のステージは盛り上がるけど、片付けという楽しみのない作業は死むね。

なんとか片付け、FUJIROCKせんべい売り切れの為買えず残念に思いながら苗場を
後にする。

風呂にでも入りたくてよさ気なとこ探しとけばよかったけど、結局越後湯沢の駅の近くまで
来てしまい、健康ランドで一っ風呂。山菜そば(なかなか美味かった)と海鮮丼を食べつつ、
自民党大敗のニュースを見ながら政治について考えたりしつつヨガストレッチしつつ、
フジ余韻を堪能した。

土産を買って、高速を飛ばす。福生に18時ごろ着く。FUJIで食べなかったインドカレーを
食べる。あ゛ーまた現実に戻らなきゃ・・・

久しぶりにだーっと長文を書いちゃいました。
今年のFUJIはフラッシュバックの連続で懐かしみつつ、もう過去には戻れない自分との
ギャップを再確認、でもやっぱりFUJIは変わったり変わらなかったりしつつ続いていて欲しい
なぁと思いました。(また自分を見つめなおしたり行けば必ず発見だったり至福な瞬間が
あるので)
[PR]
by hiroscene | 2007-08-02 00:51 | Music* | Trackback | Comments(4)

1年ぶりにONIGO RECORDS更新!(mzgspy音源発表)

ここ3週間ぐらいで1年ぶりに音源を制作していました。
(あいも変わらずQY70スタンドアローンな環境で・・・)

まだ水面下の段階なので詳しいことは言えませんが、なかなか企画モノとしてそそる
タイトル、シチュエーション(脚本っていうの?)のDVD作品の一部分に使われる音と
して、という依頼のもとに制作したトラックです。

作品自体がFIXしたり発売がどうたらという話になったらこの場で宣伝をさせてもらう
ことにします。

特に映像とリンクするような音として作ったわけではないので、自分のトラックとして
作風が広がった感じがします。割とこうカラッと明るめな楽曲はなかったので。

そんなわけで、新作デモ版のアップ、これまでの作品についてもデモ版としてカットした
物を試聴できるように置くことにしました。(音源を買ってもらいたいので(笑))
ONIGO RECORDS

Works よりダウンロードして試聴ください。

近々シングルカット、若しくはREMIX音源+未音源化作品収録の盤も出そうかと
いう想いもあるので、その中にでも今作のフルバージョンが収録されるかと思います。
[PR]
by hiroscene | 2007-02-01 01:17 | Music* | Trackback(1) | Comments(1)

QY70 Works/gonio 絶賛発売中!!!

えーちょっとした驕りではありますが、QY70 Works 売れてます!

昨年12月18日にeARsで発売してから、今年に入ってチャートを登りつめ、
eARs様様の6月7月売上げ連続1位を獲得しました☆むふふ

「gonioが予想外の動きをしました」

累計70枚以上(友人に配った分も含む)出荷しております。

eARsでの取扱いのみなのですが、それはそれで逆にマニアックな匂いが付加されて
結果論ですが、逆によかったのかも、なんて思います。


そして今日、仕事を微妙にサボりつつ、ネットで偶然見つけました。
元の「虚構融合Ⅲ」のブログは閉鎖しており、Googleのキャッシュなんですが。
(勝手な引用で大変に無礼ということをお断りした上で掲載させて頂きます)
--------------------------------------------------------------------
b0041970_1185814.jpg

--------------------------------------------------------------------
これこれ!こういう生の声がほんとに嬉しいのです。
音楽だもの、制作者がどんな奴かなんて情報だったり、何々系とか余計なくくりは抜きに
純粋に音のみで評価してもらえるというのは自分の中でも常々そうありたいと思っていた
ところだったので嬉しかったです。
しかも "クオリティ高っ.機材じゃなくてココロですねえ.音楽って." なんとも粋なコメント。
伝わるってこういうことなんだなぁ、と独りよがりではなかったことを確信しました。

ネクストステージへ登りつめたい、でもなかなか制作に取り組める精神状態でない
今日この頃です。頭の中がとっ散らかってます。
兎に角、次回作もココロで音楽を作ります。乞うご期待、ということで。サポーターに多謝。
[PR]
by hiroscene | 2006-08-10 01:40 | Music* | Trackback | Comments(2)

~おんがく、ときどき、たかいたかい。~

b0041970_22281827.jpg
~おんがく、ときどき、たかいたかい。~
楽園ヘリポート発の☆空飛ぶ☆野外音楽祭
「MUSIC FOR HELIPORT」開催決定!! http://www.alacult.com/mfh
http://mixi.jp/view_community.pl?id=790440


◆開催日時/会場
5/21(日)@雄飛夢ポート(埼玉県比企郡川島町)
http://www.airyuhi.co.jp/gallery/gallery.html

◆出演
★DJ KLOCK
http://www.clockwise-rec.com/

★DJ HIROSHI WATANABE
http://www.hiroshiwatana.be/
(aka KAITO、TREAD、QUADRA)

★PANICSMILE
http://panicsmile.hp.infoseek.co.jp/
(aka デートコースペンタゴンヤングマーサナリーズ)

★MACHINE AND THE SYNERGETIC NUTS
http://www.alibabarecords.com/msn/

★坪口昌恭TRIO
http://www.jah.ne.jp/%7Etzbo/
(aka DCPRG、菊地成孔QLD、東京ザヴィヌルバッハ、菊地雅章SLASH TRIO)

★SYNAPSE
[さがゆき http://www.aruma.be/ (aka 大友良英&さがゆき「see you in a dream」)]
[加藤崇之 http://www.ne.jp/asahi/site/kato-takayuki/index.htm (aka 渋さ知らずオーケストラ)]

★蜂谷真紀
http://hookchew.com/

★DJ 保坂壮彦
http://www.allisloveisall.com/
(aka ROCK IN JAPAN FES/COUNTDOWN JAPAN RESIDENT DJ)

...and more!!!
(3ステージ/LIVE&DJ総勢約20組)


◆出店
カリガリ http://caligari.jp/
にじ食堂 http://www.taqrock.com/niji/
雄飛航空料理部隊

...and more!!!


◆チケット
入場券:¥3000 遊覧飛行付き限定入場券:¥5000
※チケットぴあ(Pコード:226-057)、会場の雄飛夢ポートにて発売中


◆詳細・追加出演者情報は特設サイトにて順次発表!
→ http://www.alacult.com/mfh
[PR]
by hiroscene | 2006-04-13 22:28 | Music* | Trackback | Comments(0)

gonio "QY70 Works" Now On Sale!

b0041970_22523793.jpg

秋葉原のちょいはずれ、割とgonio作品もすんなりはまるであろう、スキマ音作品の聖地、
eARS様に置かせて頂くことになりました!
トップページで紹介してもらっています。
昨日夕方に納品したのできっとNow On Sale!なはずです。

7曲入り 約35分 価格は税抜¥500 です。

とりあえず5枚納品したので、ありがたくも購入してくれ、かつこのBlogを見てくれた方、
あと在庫何枚だヨ、情報なんて頂けると非常に嬉しいでございます。


偶然Akibaに行った際にはふらっとチェック、そして購入してみてください。
よろしくお願いします☆

いや、普通偶然Akibaに行くことはないのですが、ひっそりとやばいCD
(ex.Carl Stone, Compilation MIMIKAKI(大友 良英参加コンピ)等)も置いてあったり
するので、ぜひ1度来店してみてはいかが?
[PR]
by hiroscene | 2005-12-19 22:54 | Music* | Trackback | Comments(4)

ONIGO RECORDS 、a la CULT.com リニューアル!

ONIGO RECORDS をリニューアルしました!

これまでのサイト構造は難解だった為、フレームを使わず画像ファイルも極力使わない
シンプルなサイトにしました。また、リニューアル前よりもデザイン的に良くなったんじゃ
ないかと、思います。色数が少なく殺風景ではありますが、訪れる度におぉ?!と思わせる
小技を取り入れてみました。ぜひとも何度かアクセスしてみることをお勧めします。


a la CULT.com がリニューアルされました!

ようやく他のメンバーの情報がアップされ、ますます活動範囲を広げていく a la CULT
をどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by hiroscene | 2005-11-20 04:35 | Music* | Trackback | Comments(0)

gonio 新曲発表!

3ヶ月ぶりに新曲を発表しました!

最近休日これといった用事がなくて、曲作りには願ってもない時間環境なのだけど、なぜか
全然集中できなくて、さらには作らなきゃという妙なプレッシャーを勝手に自ら感じてしまい
最悪だった精神状態だったここ2、3週間。

なんとかしたいと思ってがんばってみました。シーケンサをいじくり回しているうちに、ようやく
まとまりそうになってきたので、がんばって集中を途切れさせないようにもっていき、ようやく
完成しました。こう、曲の全体像がある程度見えた!となるまでが暗中模索といいますか、
ないものを形にする過程が難しいこと限りなしです。シーケンサと脳内ジャムセッションを繰り
返すことで、少しずつ見えてきますね。やっぱり自分はコンポーザというより、演奏者なのかな。

頭で考えるより、まずなにか作って、それを吟味、磨き上げていく感じです。最初のなにか、
がその曲の行く末を運命付けてしまうので、そのなにか、というランダム性を大切に楽しんで
今後も制作していきたいと思います。

ここから試聴お願いします
[PR]
by hiroscene | 2005-10-23 22:25 | Music* | Trackback | Comments(0)

第9回水戸短編映像祭 オープニング映像の音楽を制作

第9回 水戸短編映像祭 オープニング映像
 「ペンタゴンに追われて」 音楽を担当

故郷、埼玉北部で学業を共に学んだ友人で、現在大海に羽ばたこうとしている
新進気鋭の映画監督、入江 悠から、音源制作の依頼を受けたのは9月4日26時過ぎ。

普段使用していないメールアドレスをたまたまチェックしたところ、監督からのメールが届いて
いた。本文を見た瞬間、久しぶりの興奮と緊張が同居した胸騒ぎを感じた。音源制作の依頼
については、ありがたいと嬉しい思いで一杯になったのだが、納期が1週間後、しかも7時間後
には仕事が始まり(サラリーマンですので月-金普通に仕事)、土曜日に用事がある予定
だったのでいつ制作するんだ?!そして映像にのせる音楽を作ったことがない、監督の作品
に使用されるというプレッシャー、短い時間でまとめられるのか、という自らのスキルに対して
の不安感で緊張してしまった。

とはいうものの、今後gonio として活動を続けていく上で、こうした制作の依頼は必ずある
(受けたい)と思うし、自らを奮い立たせる意味でもやったろうじゃん!という意気込み、そして
何よりチャンスを与えてもらえるなんてこんなありがたいことはないわけで、制作させてもらう
ことになりました。

一眠りして行った会社。でも頭の中では制作のことがぐるぐる回っていて、まったく仕事が
手につかなかった。

納期が短い、というのは自らの音楽の部分だけではなく、映像のほうでも相当タイトなわけで
依頼を受けた段階で存在するのは脚本と監督の脳内での映像・音楽のイメージのみ。
まずは監督の想いを解釈し、断片を制作。月曜日26時。

続いて脚本を受け取り、断片を研ぎ澄ます。火曜日23時。

大分固まり、監督のイメージとの整合性が取れてくる。ようやく一息つけた。水曜日25時。

映像のほうも無事撮影が終わり、未編集の状態の映像を受け取る。金曜日24時。

映像は2部構成になっているので、もう1部の構想も考える。シーンが短い(20秒ほど)為
結構難しい&シンプルがいいかもと思う。土曜日18時。

そして迫る納期に向けて映像の場面の時間の流れをざっと把握しながら小節をつむいでいく。
ようやく完成した。日曜日17時半。

池袋での入江監督の上映会終了後、CDRを渡す。制作依頼段階からずっとメールのやり取り
だけで、面と向かっての打ち合わせがなく、こう納品時に初めて顔を合わせるというのは
とても不思議なような、それで仕事が完成するというのは実は結構次元の高い制作だった
のではないかと思えてきた。付き合いが深いわけではないが、信頼関係がなければできない
ことだろうと思う。信頼してもらえたのだと思い嬉しくなってしまった。

最初はとても不安だったけれども、終わってみると本当に依頼を受けてよかったと思いました。
自分が作れないだろうと思っていた雰囲気のものを作ることができたことで、自分の制作の
幅が広がったこと、短納期であっても形にできたというスキルに対しての自信、そして何より
自分の関わったものがこれまでにない規模の人々に届くということ、どれもTrackMaker
gonio としての活動の起爆剤となります。

編集した映像を見れていない為、早く音楽がのったALL編集後の映像作品を見たいという
気持ちが募る今日この頃です(完成作品がもうすぐもらえるので楽しみです!)。

そんなわけで、今後も音源制作の依頼、制作済み音源の使用のお問い合わせ、
お待ちしております☆
※映像音楽だけではなく、環境音楽、店内BGM、etc ジャンルもほとんど対応できると
思います。
お気軽にご相談ください。よろしくお願いいたします。
[PR]
by hiroscene | 2005-09-18 02:24 | Music* | Trackback | Comments(1)