<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

【号外!】海士町体験ブロガーツアー

★海士発東京行き「ふるさと発信バス」★

11月2(金)~4(日)までの3日間、

・一橋大学 学園祭(11/2~4)
・桜美林大学 学園祭(11/2~3)
・AMA CAFE@四谷カフェ・ド・リバネス(11/3~4)

上記都内3箇所に、海士町人約20名が

学園祭に出店したり、
シンポジウムやったり、
海士のカフェを開いたり、

海士PRに奔走されるそうです。下記↓詳細

http://www.oki-ama.net/kurasu/new/0009.html

個人的には一橋大学は今住んでいるところから2駅のところだし、四谷は通っていた大学の
あるところなので、かなり地理的にも心の距離的にも近いです。(この繋がり感がすごいわ)

四谷ってあまり行かない(行く理由がない)場所だけど、
サザエカレー(おみやげでレトルト買ったものの、未だ未体験)、爆弾おにぎり、食べたい
が為に、大学の友達でも誘ってみようかな。
[PR]
by hiroscene | 2007-10-28 13:00 | Ama-cho* | Trackback | Comments(6)

情報化社会は圧縮された情報が溢れた社会

情報を圧縮する作業は人間でなくてもできるかもしれないが、
情報を解凍(解釈)する作業はその人間当人の価値観で当人にしかできない

圧縮された2次元の情報と、圧縮前のリアルなn次元のもの、どちらが豊かだろうか?

情報解釈アドバイザーとして、コンサルタント、コンシェルジェ等が今後一般人の生活
にも一層広まっていくのだと思うが、そういったサービスはあくまでも情報の上澄みを
すくう程度に過ぎないと思う

情報を目一杯解凍できる脳内想像スペースを広く持っていたい
[PR]
by hiroscene | 2007-10-28 05:02 | Nonsense* | Trackback | Comments(0)

【8.あぁ☆まぁ☆もりだくさん☆な海士 その2】海士町体験ブロガーツアー

071007(Sun)
b0041970_4573259.gif
ブロガーツアー2日目12時半をまわった頃。

あまんぼう組、シーカヤック組、釣り組が再び合流し、バスで隠岐神社前の集会所(?)で
お昼ごはん。事前にノリを巻いた ばくだんおにぎり と聞いており、普通のばくだんおにぎり
(ノリが硬くて食べづらそうだな~)と思っていたら、想像と違う品が眼前に。

ヤバい、美味そう☆ ノリの赤紫色と付け合せのキュウリとこじょうゆみその色彩が見た目
にもGぅ。まずは写真撮影(笑)
食べてみると“ごはんですよ”スペシャルエディション(どんな?笑)で米を包んだ感じ。
でもノリが肉厚で歯触りが良くて食べたことない感じ。素材の味が生きていた。

昨晩のBBQですでにかなりの存在感を出していたふくぎ茶をここでもまた頂きながら
しばし談笑。
シーカヤックを終え、なぜか腕よりも股関節がガクガクになったことに不思議感を覚えた
のだが、近くに居たイノッツさんにそんな話をするとなぜか共感(笑)。なんでしょう、こりは。

b0041970_458410.gif
海士が誇る海士の生き字引こと滝中さんのガイドで後鳥羽上皇ゆかりの隠岐神社を案内
頂く。このツアーに参加していて結構恥ずかしいことではあるが、自分の中では日本史に
ついての知識は中学生で止まって(むしろ以降忘れる一方なのだが)おり、隠岐の歴史的な
位置付け等については全くの無知状態であった。

でも、そんな自分でも後世に伝えたい、という気持ちと熱意が込められた滝中さんの
語り節や歌などを聞いたり、神社内を歩いたり、資料館を巡っていくうちにごく自然に
後鳥羽上皇のいた頃の時代背景や隠岐の歴史等について想像できた。

b0041970_4593860.gif
昔のことについてある程度の事実は、教科書程度に2次元的な情報に圧縮されてしまうもの
だが、実際にその場を感じること、流れの中で歴史上の人々の気持ちや背景を想像する事で
n次元的に情報が解凍される。

情報化社会は圧縮された情報が溢れた社会だ、と今思った。
圧縮された情報より、圧縮前のリアルの状態の方がどう考えても豊かなのは明らかだ。

海士には豊かさを感じられる環境があると思う。

加えて、そう、昔と今は同じ世界なのだ。文化や土地の表情は変わっても、土地と人は昔から
途絶えることなく連続的に繋がってきているのだ。人が感じる気持ちや想いは昔も今も
そう変わるものではないのだろうと思う。
流れの中で自分たちが存在していることを忘れないようにしたい。

その後、小型バス2台で明屋海岸へ強制連行(笑・された気分)
(恥ずかしながらスケジュールを把握してなかったもので・・・)

運転するコーさんの道のうろ覚えっぷりに少しの不安と多くの親しみを覚えながら、
途中のぐるぐるイカ干しマシーンや放牧されている隠岐牛やその他もろもろ海士町の
自然に興奮しながら、絶景ポイントに到着☆

b0041970_4583321.gif
キャンプなどもできるらしい。駐車場から眺めた景色はかなりきれいなものだった。
が、下へ降りていくと、悲しいかな岩場には明らかに人が捨てたゴミが目に付いた。
キャンプに来た観光客が捨てていったのだろう。海士に住む人たちのあたたかさを
受けてきているだけに、無頓着な観光客とのギャップに少し悲しくなった。
ゴミを捨てるかどうかは別として、ある意味自分達も観光客なわけだから。

ちょっとセンチな空気を漂わせつつ(笑)、まだまだもりだくさんは続く。おかわり!
[PR]
by hiroscene | 2007-10-28 05:00 | Ama-cho* | Trackback | Comments(0)

071020 Surfing*

b0041970_0572453.gif
茨城サーフ、間にブロガーツアー+余韻2週間(!!)が入り、1ヶ月ぶりのサーフィン。

いつも一緒にやる小中高の友達の一人が来年初頭の結婚式の準備の為、今シーズンは
もう3人ではできなそう。
金曜夜に思いつきでもう一人を誘ってみるとなんとOKのお言葉。わーい☆

翌朝8時に起きて8時半過ぎに出発。11時に鵠沼で待ち合わせにしようとしていた友は、
体調不良のため急遽一人サーフに。

天気が良いせいか時間的にも混む時間だった為、道中渋滞気味で途中コンビニで休んだり
しながら12時過ぎに鵠沼着。友達来れてたら大遅刻してるとこだった(汗)
友達に迷惑かけなくてある意味良かった・・・。(体調不良はお大事にって感じだけど)

マックで焙煎ゴマえびバーガーセットを喰らう。えびバーガー、結構いけるね。

コンディションを見に浜へ。なんじゃこりゃー!?と言いたくなるぐらい、サーファー天国☆
まじで芋で芋を洗う感じ(笑) 夏場は海水浴ゾーンとサーフィンゾーンが分かれてるけど
今の季節ではそれもないからむしろ夏場より多く見える。

10月も後半のこの時期でめちゃめちゃコンディションが良いわけではない日に、
この人の量か!サーフィン始めた4年前よりも確実にサーファー人口増えてるな。
天気も良いからビーチバレーやってる集団も何組か。江ノ島観光の人たちも多かった。

真夏じゃないから駐車場には困らないのがうれしいところ。一人だったので行った事ない
ところ開拓しようかと、湘南海浜公園西部駐車場に停める。

板を取り出したところでリーシュコード(板が体から離れないようにつけるヒモ)を忘れてきた
事に気付く。やってもうたーーー近くのサーフショップで買う手もあるけど、¥3000位は
するので興味本位で(危ないので周りは迷惑だから申し訳ないけど)リーシュコードなしを
体験してみることにする(何事も体験しないと気が済まない性なので・笑)。

それでもさすがに板の危険さは知っているので、一番岸際で密かにやる。
(リーシュコードつけるのはマナー、というかルールなのでかなり後ろめたい)

最初はコンディションは微妙かと思っていたけど、段々と良いうねりが入ってきて、
もともとの海面が穏やかなのと相まって、ロング-ファンなら来たやつ全部乗れそうな、
むだな波が無い感じで練習しやすかった。

最初はリーシュがないから板を飛ばさないようにかなり慎重にやっていたが、段々気が
緩んだのと、自分の後ろに人がいないことに油断しまくり結構派手に飛ばしてしまった。
途中数回人が近くにいる状態で飛ばしてしまい、さすがにぶつけそうでヤバイと思ったけど。

今日は、やってる最中に上空にパラグライダー(パラセーリング?エンジンがついてるやつ)
が飛んでたり、普段なかなか見れない富士山が見えたりすごくいい気分で楽しめた。

最初1時間位で疲れたなぁーと思っていたけど、気付くと夢中で3時間程やってしまった。
車に戻って、タオルも忘れていたのに気付く・・・だめだめだな~

部屋戻ってきて、いつもは痛くならない足が筋肉痛になっているのに気付いた。
何でだろうと考えてみると、
あ゛、リーシュなしで板が吹っ飛ぶのを波打ち際で必死で走って追いかけてたからだ(笑)

これにて教訓

サーファーのみなさん、リーシュコードは絶対につけましょう(笑)
[PR]
by hiroscene | 2007-10-22 00:57 | Surfing* | Trackback | Comments(0)

【7.あぁ☆まぁ☆もりだくさん☆な海士 その1】海士町体験ブロガーツアー

071007(Sun)
ブロガーツアー2日目。

朝食は7時から。早っ!といいつつ結局遅れる。ほぼ最後に着席・・・。

でも朝からみんな元気で気持ち良い!こんなに朝ごはんちゃんと食べたの久しぶりだ。
おかずの充実さの余り、おかわりまでしてしまった。

b0041970_1443785.gif
ご飯を終えて、半潜水型海中展望船、あまんぼうに乗船。
海士とまんぼうであまんぼう。そんなお茶目なネーミングとキャラが海士に調和している。

海の中が丸見え☆海がきれいじゃないとこうは見えないはず!写真に写らないぐらいの
小さな青く光る小魚が印象的でした。
隠岐 海士 はダイバーたちの間ではかなり良いスポットらしい。
ていうか、ぜんぜんダイビングを知らない自分でもダイビングしたくなりました、これ。


b0041970_145096.gif
シーカヤックまでの待ち時間に、菱浦港で釣り。船で沖へ行くまでもなく、じゃんじゃん釣る
強者ブロガーたち。ほんとみなさん好奇心と行動力がハンパなく、たくましいっす。
自分も1匹ぐらい釣ってみたかったなぁ・・・。

b0041970_1452675.gif
さてさて、朝から盛りだくさんのこのツアー、続いて間髪入れずにシーカヤックを体験。
シーでないカヤックすら予備知識のない自分だったが、ペアになってすぐに入水、
こぐ、こぐ。とりあえず、こぐ。もうフォームなんて無視(笑)
ええ、とりあえずやってみようで進んでいく。大自然 VS ヒト。
戦うなんて思考は生まれない。自然との調和で生かされていることを感じずにいられない。

まるで海士町魂のような、このブロガーツアーのような、ルール無用、やりたいこと、
面白そうなことはやってみる!ただしみんながみんなと繋がって調和して助け合う、
という見えないけど大切なものを体感した。
(実際海に出ているときは必死で(笑)、全く考える余裕などなかったのだが、あの体験を
 冷静に見つめると、そんな思考が浮かんできた)

離れ小島で一人釣りをしているたくましい人。すれ違う船に手を振り合う人。
このシーカヤック中にも、そんな素敵な演出が練りこまれており、遠くに見える あまんぼう
に乗っている他のブロガーツアーメンバーに手を振りまくった☆

シーカヤックは海士人のヒロさんに丁寧にガイド、サポートをして頂きました。
ありがとうございました。m(_ _)m

まだまだ午前中。
あぁ☆まぁ☆もりだくさん☆な海士は続きます。だくだく。
[PR]
by hiroscene | 2007-10-18 01:46 | Ama-cho* | Trackback | Comments(10)

【6.ブロガーさん、ぇいらっしゃ~い♪(゚ー゚)ゞ】海士町体験ブロガーツアー

071006(Sat)
b0041970_0323575.gif
ブロガーツアー実行委員からの連絡から、高速船レインボー2での海士入りが最後との
ことだったので、まだ見ぬブロガーを始め実行委員長のアマニア・コーさん、そしてTVとか
でよくある町の住民総動員でのお出迎えの絵を頭に描いていたら、あれ?っと肩透かしを食う。

てか、普通に観光客だか住民だかで賑わってるじゃん!?

そう、七類港から船出待ちの時から思っていたのだけど、イメージしてた過疎で高齢化な
感じを微塵も感じなかった。過ごしやすい季節の3連休だから観光客が多いのだろうとは
思うが、しょっぱなからイメージを覆された。これがPC上で見ていたキンニャモニャセンター
か。きれいだし、造りもいい感じ。若い活気も感じる。

雰囲気でようやくブロガーツアー集団を察知、コーさんに初接触☆(笑)
ネット上でのイメージと外見のズレはあったけど、確かに電話で聞いていたコーさんの声だ。
すぐに外見とのズレを再構築、そしてこうして現実と繋がったことに感動。

他のブロガーとのネット上のイメージと外見のズレを再構築できないまま、誘導されるまま
バスに乗り込みマリンポートホテル海士へ。

エントランス付近で”マリンポートホテル海士”の文字を見るや否や、ブロガー、一斉に撮影。
まるでパブロフの犬の様(笑) 避けられないブロガーの習性に、まだお互いを知らないのに
思わず顔を見合わせて笑みがこぼれてしまった。

そこから一気に親近感。この背の高い若人はチャーリーさんか。
あ、nekodemoさん、初めまして。初めて見るイノッツさんの後姿じゃないアングル。
ヒカルさんの和む関西弁。

部屋は家族で泊まってもいいぐらいの和室。オーシャンビュー。なんと贅沢な。
広さが寂しい気もするけどありがたいおもてなし。

荷物を置いてロビーでオリエンテーション。
青山課長、初めて会ったのにはじめて会った気がしない雰囲気。
みんなを解きほぐしてくれる人。カッコいい大人だ。

すでに日が落ち、バーベキューハウスで宴の開始!
とにかく目の前のでかいサザエに海士名物ヒオウギ貝に魚介、
極デカあわびの踊り焼き(?)とかとにかく豪快☆
霜降りまくり隠岐牛も食いまくり☆塩で肉の旨みを堪能。焼きすぎ注意!

海士ではサザエは買わないんだよ、と興奮気味の隣のSEIYUさん
ふくぎ茶の開発・宣伝・販売に奔走する、島のIターン住民、ごっつさん。
きゅみ☆さんと相方のくろすけさんの巧みな焼きに甘え、ただただ美味しく食べてばかり
の俺。申し訳なかとです。

自己紹介でIT関連の人の多さに驚き。俺的推定平均年齢は30才ぐらい?
でもどのブロガーも(良い意味で)年齢不詳で個性的かつ自由でお茶目な印象。

良い感じに酒がまわってきたところで、右から左へ聞き流してねDJを開始!
完全に自分ワールドでやってしまったけど、アンビエント繋がりnoriさんが話しかけに
来てくれたり、CIBOさんのspitzサイコー!の声、お酒を持ってきてくれた方等々、
暖かいサポートを受け(ホントはこっちが場を暖め良い気分を作るはずが)
むしろ良い気分にさせてもらって嬉しかったです。

★amatsudokidoki-party '07/10/06 Set List~~~~~~~~~
渚/spitz
bask in the woods/gonio
Loomer/My Bloody Valentine
そばかす/JUDY AND MARY
balance/Yoshinori SUNAHARA
Void/Flicker Tone
Lover(amatsudokidoki-mix)/urara hikaru remixed by gonio
Shangri-La/DENKI GROOVE
~~~~~~~about 45min doki-doki-time mixed by O.G.I~★


シャングリラなWelcome Partyも一段落し、海士の夜の遊びまで体験させてもらえる
ことに。

その1。夜光虫探し
nekodemoさんとこでブロガーツアーの動画がいっぱい見れます。必見です!
百聞は一見に如かずですから!

その2。ランタン飛ばし。
b0041970_0312916.jpg
あ゛ボヤだ、危ない危ない!

さー今度こそ!
b0041970_0302096.gif
あっという間に夜空の星にまみれて飛んでいった。
非常に大らかな遊び。大人の火遊びは注意も必要?(笑)

ホテルの温泉につかり、デジカメ画像をPCに移し寝る。
移動が長かったから疲れたー初日から濃ゆいわ。
[PR]
by hiroscene | 2007-10-11 00:40 | Ama-cho* | Trackback | Comments(7)

【5.出発!海士までの道中】海士町体験ブロガーツアー

071006(Sat)
b0041970_014775.gif

前日のライブ疲れもなんのその、結構スッキリ目が覚める☆
が、出張DJ機材のDJ CONSOLEとTabletPCをリュックに入れてみると、あら重い。
ちょっとゲンナリ・・・片手持ちできない重さ。背負うか下ろすか、どっちかみたいな。

CROCKSにハーフパンツにTシャツという思いっきり夏の格好に、思いっきり周囲との
季節ズレを感じつつ、そんな自分を傍からゲラゲラ笑いつつ中央線乗車。
東京→浜松町→モノレールで羽田へ。

某友人で1日飛行機を見に空港へ行くという奴がいて、そんな気持ちを理解できなかった
のだが、空港に向かうモノレールに乗った段階でかなりアガってきてしまい、空の旅という
夢とロマンにその友人にちょっと共感を覚えてしまったり。
さすがに1日空港では過ごせんけど(笑)

旅慣れていない自分にとって、飛行機乗ること自体がすでに十分なアトラクション。
気持ち良す。

1時間20分程で米子空港に到着。空港降りて徒歩で最寄りの中浜駅へ。
駅までの道はまるで夏休みにおばあちゃんち行った感じ。電車も単線。

と、頭の中までふわふわしていてついつい電車の方面を間違える・・・
隣の駅で電車すれ違いの待ち合わせをしていたので、戻る気になれば戻れたっぽかった
けど小心者の為、もともと米子駅行く人を装いつつ(笑)、予定外ながらも流れに身を任せて
米子駅へ。

b0041970_26048.gif
予想外感をちょっと楽しみつつ、米子駅周辺の何もなさもまたよし、っと。

駅そばで米子名物らしき吾左衛門寿しと大山そばとやらも食べられつつ、あっという間に
七類行きバスへ。今思うと、同じバスにShiratamaさん乗ってましたね?

境港でも数名乗車。今思うと、nekodemoさんもあいきっずさん、乗ってましたね?

b0041970_262290.gif
そして七類港着。いい形してます。ここでまたテンションが↑↑↑ 初フェリーですから~♪

西郷までは1階で。窓が汚くてよい写真が撮れず・・・
西郷から2階に上がってみる。フェリー内では夕陽に粘着しまくりの撮影。
窓越しに風景を上手く撮る為にフォーカスを∞に。仕事で得た光学知識がこんなとこで
役立った☆

で、このとき自分の前には千さん、その前にはぞっちゃんさんがいたそうで。(千さん談)
もしや、でもたしか便違かったよなぁとは思っていたけど、そうだったとは。

イノッツさんも、七類で待っている時近くに居ましたね?
道すがら、もしかして?と思った人はみんなブロガーツアーの参加者だった。
なんかね、やっぱみなさん、ブロガー臭出てますよ(笑)

それでも、まだまだ不確定要素が多かった為、ブロガーは繋がらないまま海士の入り口、
菱浦港に到着!
[PR]
by hiroscene | 2007-10-10 02:01 | Ama-cho* | Trackback | Comments(9)

【4.出発前日】海士町体験ブロガーツアー

071005(Fri)
業務で用いる、某光学設計評価プログラムの講習の為、木金と都心に出張。直行直帰の
楽勝パターン。とはいえ前日講習を受けた感じでは、ほぼ外人講師がマニアックな光学独自
の用語・概念を英語で飛び交わせるという、眠さ度満点な内容だった為、ある意味気楽に
受講してあっという間に17時半。

さて、ブロガー間でアガったり、延期になって干上がったりしてたブロガーツアーもとうとう
翌日。しっかり準備でもして早く寝るべしなところだけど、The Baysという音源を一切
リリースしない(mp3無料ダウンロードは可だが)バンドが来日する為、恵比寿LIQUIDへ
ライブを見に行く。
彼らのキャッチコピーは“performance is the product”これはライブを見るしかない!

駅で友人と待ち合わせ、翌日からブロガーツアーで食える旨いもんとかぶらないように
モツ鍋をチョイスし、軽く一杯&腹ごなし。

いい塩梅のほろ酔いで会場のLIQUIDへ。控えめなMOODMANのDJ、(いい意味で)
お下劣なSOIL&"PIMP"SESSIONSを見、とうとうBaysの登場。

ドラムとベース、キーボード、ミキサー(ダヴ処理等)の4名にて構成。
ドラムは1時間強ぶっ通し。あまりオーガニックな感じではなく音色やリズムの立たせ方が
プログレッシブな感じ。

最初は?という感じだったが、途中からどっぷり音の洪水に飲まれる。ドープな、としばらく
使わないキーワードや、途中でアンビエントハウスっぽくなったり、最後の曲ではバリバリ
ドラムンな音だったりして、実体験ではないけど懐かしさと小恥ずかしさがまた今の気分に
バッチリはまったのでした。いやー、ネオシューゲイザー、ドラムン等、確実にリバイバルの
波が来ているなと実感した。

DJよりもDJらしいトバされ感、ここまで踊らされると、DJのMOODMANの立場がすっかり
ないわな~と余計な心配をしてみたり。

とにかくこれだけ夢中で踊れたのは久しぶりだった。汗かいた。
帰り道も足がパンパンで明日から大丈夫か?という感じの前日を過ごしたのでした。
(ブロガーツアーにほとんど関係なくて申し訳ない)
[PR]
by hiroscene | 2007-10-09 22:05 | Ama-cho* | Trackback | Comments(0)