【4.出発前日】海士町体験ブロガーツアー

071005(Fri)
業務で用いる、某光学設計評価プログラムの講習の為、木金と都心に出張。直行直帰の
楽勝パターン。とはいえ前日講習を受けた感じでは、ほぼ外人講師がマニアックな光学独自
の用語・概念を英語で飛び交わせるという、眠さ度満点な内容だった為、ある意味気楽に
受講してあっという間に17時半。

さて、ブロガー間でアガったり、延期になって干上がったりしてたブロガーツアーもとうとう
翌日。しっかり準備でもして早く寝るべしなところだけど、The Baysという音源を一切
リリースしない(mp3無料ダウンロードは可だが)バンドが来日する為、恵比寿LIQUIDへ
ライブを見に行く。
彼らのキャッチコピーは“performance is the product”これはライブを見るしかない!

駅で友人と待ち合わせ、翌日からブロガーツアーで食える旨いもんとかぶらないように
モツ鍋をチョイスし、軽く一杯&腹ごなし。

いい塩梅のほろ酔いで会場のLIQUIDへ。控えめなMOODMANのDJ、(いい意味で)
お下劣なSOIL&"PIMP"SESSIONSを見、とうとうBaysの登場。

ドラムとベース、キーボード、ミキサー(ダヴ処理等)の4名にて構成。
ドラムは1時間強ぶっ通し。あまりオーガニックな感じではなく音色やリズムの立たせ方が
プログレッシブな感じ。

最初は?という感じだったが、途中からどっぷり音の洪水に飲まれる。ドープな、としばらく
使わないキーワードや、途中でアンビエントハウスっぽくなったり、最後の曲ではバリバリ
ドラムンな音だったりして、実体験ではないけど懐かしさと小恥ずかしさがまた今の気分に
バッチリはまったのでした。いやー、ネオシューゲイザー、ドラムン等、確実にリバイバルの
波が来ているなと実感した。

DJよりもDJらしいトバされ感、ここまで踊らされると、DJのMOODMANの立場がすっかり
ないわな~と余計な心配をしてみたり。

とにかくこれだけ夢中で踊れたのは久しぶりだった。汗かいた。
帰り道も足がパンパンで明日から大丈夫か?という感じの前日を過ごしたのでした。
(ブロガーツアーにほとんど関係なくて申し訳ない)
[PR]
# by hiroscene | 2007-10-09 22:05 | Ama-cho* | Trackback | Comments(0)

エレガントディスク・リミックスコンテスト応募

昨日午後から制作に取り掛かり、今朝3時過ぎに完成し(させ・・・笑)ました。

エレガントディスクは"LOVER" urara hikaru
を珍奇心で購入、衝撃を受け愛聴&DJで使ったりもして、という感じで知っていました。

後、urara hikaru = 敬愛する某JP electronica 姫 であることを知り、
一層の衝撃&ここでここが繋がったか!?
と自分の妙な嗅覚に 気持ち良さ/気持ち悪さ 50/50 を感じていたのでした。

この企画、(記憶は曖昧ながら)7月終わりごろに募集の告知をmixiで知り、応募したいなぁ
と思っていつつなかなか制作に取り掛かれず、締め切りが9月末に設定されていたので
この土日しかないと思って急いで取り掛かりました。

これまでの制作では最後の仕上げ(Fade in~Fade out)以外は全てQY70で打ち込んで
いたのですが、今回はremixの素材がAudio Fileであったがゆえ、さすがにPCを使える
ようにならんとあかんべ、ということでQY70とセットで買った、XGWorksを覚えながら
制作をば。とはいえ、結局打ち込みはQY70でやり、それと同期させる為にXGWorksを
介しただけ、でした。それと波形編集をちょびっと。

初めてのことはやはり時間がかかりますが、着実にこれまでやってきたことが身について
応用している感がドキワクです。まだまだ修業の身です。日々精進です。

人間(て言うか俺?)、最初は理想だとか希望だとか理念を描いて追い求めるのですが、
結局時間制限があるものについては最後は“終わらせる”ことが目的になってしまうことを
痛感しました。何事も、なるべくそうならないようにしたいな。


urara hikaru remixed by gonio "amatsudokidoki-mix"
下の方の■gonio remix からmp3をダウンロードして聴いてみてください。

amatsudo、とdokidokiをかけてます。今このときだからありえるタイトル。
※amatsudo→アマツド→海士集→海士へ集う→海士へ集うブロガー達

最初の数十秒ぐらいが好きです(笑)以後は???恐らくコードが外れているのだと
思いますが、かなり強引に仕立て上げました(笑)
クリック~プログレッシブハウス、トランス的な要素があるかと。あとは変態的な要素も(笑)

自分にとって制作は日記のような、俳句のような、記録的な意味合いがあるように思います。

エレガントディスク・リミックスコンテスト
http://www.geocities.jp/elegantdisc/mp3.html
[PR]
# by hiroscene | 2007-09-30 21:13 | Music* | Trackback | Comments(0)

070922-23 Surfing*

b0041970_1341064.gif
昨年の茨城サーフでの良い波に感服し、今年も泊まりで茨城サーフを試みることに。
昨年は至近のキャンプ場を借りてテントを張ったのだが、かなり小狭い敷地と海への
アクセスの悪さを嫌い、行き当たりで浜辺にでもテント張ってみようかと、ちょっと冒険
しよう、が裏テーマに(俺が勝手にそう思ってただけ?)。

金曜夜は会社を辞める同期の送別会で1杯だけ飲んで、酔いが覚めた23時過ぎに自宅を
出発、1時過ぎに実家に着。即寝。

7時過ぎに起き、8時過ぎに友人H宅に行き、荷物の詰め込み。
昨年はマイカーだったのだが、今年はHのオデッセイで。シートの座り心地良す。

行きは比較的道路の流れも順調で、大洗まで4時間強。それでもやっぱ遠いなー
いい高速道路が早くできることを望む。

昨年お世話になったサーフショップ付近でとりあえず昼飯。
ちょっと贅沢に昼からちょいアルコール入れてみたり。

駐車場とテント張る場所をざっくり見積もった後、友人はボードレンタル。昨年同様、交渉して
朝サーフィンできるように日をまたいで貸してもらえることに成功!

板を借りて14時半ごろから波乗り開始☆
夏のように日差しが強く、快晴の一日だった。昨年ほどのコンディションではなかったものの
かなり楽しんで波乗りができた。

時間にゆとりがあるので、途中浜辺でうとうと一眠りしたり。いい時間でした。

さて、海から出て裏テーマのテント設営開始。
回りにテントはおろか全く人気がないのがちょっと怖い感じもしたが、テントを張るのは
何度もやっているのでさっくり終了。
それにしても半端なく波打ち際に近い。心和む波音かと思いきや、2chもしくは放送終了後
の砂嵐のホワイトノイズかと錯誤するぐらいのノイズ。意外に気持ち良かったけど(笑)

至近の老舗らしいレストランで夕食。客がうちらしかいない・ありえない(笑)
しかも20時ちょっと回ったところで、もう閉店時間大分回ってますんで~と追い出される始末。
ありえなす。

コンビニで買出し、テントに戻りワイン飲みながらポーカー、大貧民。
ポーカー、やり方忘れてた・・・大貧民、これもやり方が・・・やりながら思い出した。
小中高、同じ学び舎で学んだ3人が今こうしてこの場にいることが非常に奇跡的な気がした。

大貧民の途中で懐中電灯が弱灯になり、あえなく終了。
ふと外に出てみると、めちゃめちゃ星がきれい。海が近い。なんだこれ。すごい。

翌日から天気が悪くなるとの天気予報は適度に当たっているようで、寝る頃にはものすごい
暴風にあおられ、テントがきしみ、フライシートはバサバサ言い、飛びそうなトタン屋根の家に
住んでいるかのごとくな微恐怖感を覚えつつも、睡魔が勝り爆睡。zzz~


昨年同様、日の出を拝みつつ波乗り~と思いきや、やっぱり天気が悪く日の出が見れない
状態。8時まで一人爆睡。zzz~

テントを片付けて、午前中の波に浸かる。
昨日の筋肉疲労が引き続きで、なかなか思うように波に乗れず。
1時間強ほどですぐにへこたれ、休み休み。結局2時間ほどに終わる。

近くのスーパー銭湯温泉で体をほぐし、アウトレットでご飯食べ、ぶらっと見てさらっと買い
帰路へ。

帰り道はやや混みで、運転のHもお疲れの中ご苦労様でした。

しっかし、疲れました。もう歳だわ。
[PR]
# by hiroscene | 2007-09-26 01:34 | Surfing* | Trackback | Comments(0)

070916 Surfing*

b0041970_22104448.jpg
さて、ブロガーツアーが延期になりぽっかり空いてしまった3連休、何をしようかと思っている
うちにとりあえずふらふらと買い物などしているうちにあっという間に過ぎてしまった土曜日。
気温が高く、フルスーツのウェットじゃなくても済む暑いうちに行けるうちにサーフィン
行っとこうかなと思い、前から千葉にも行きたかったのでTを誘ってみる。毎度急に誘って
申し訳ないのだが、ちょうど都合もついたので行けることに☆

サーフィン後大学の友人の家に遊びに行く用事もあったので、午後から開始の時間に出発!
前回は一人で行ったけど、やっぱり海行くまでに話をしながら行くのがいいね。
今日は特に天気もよく時間も普通に日中で渋滞まくりだったから特に。

海無し県(の中でも特に離海率の高い埼玉北部)出身の為、同じような田舎っぷりでも
海の有る千葉には憧憬するようになっているここ数年。サーフィンも日常的にできるだろうし
ゆったり暮らせそうだ。

さて、3時間ほどでようやく九十九里の一角に着。

いや~夏だね!この日差しと気温。なんか嬉しくなってきちゃいました。台風で若干
サイズアップの見込まれた波だが、この暑さ起因のオンショアの関係で波面は大きく
荒れ気味。
あまり良くないコンディションかと思いつつも3時間かけてきたし、海に入るだけで気分いい
だろうし着替えてGO!

湘南と違って広いし、浜も比較的きれいだし気分は上々。
最初は全然乗れない波かと思ったけど意外にパワーがあり、思った以上に楽しめた。
Tも楽しんでいるようで良かった。夏が戻ってきたかと思った。

来週末は茨城。去年の印象では千葉の荒い波よりもゆったり乗れるロング~ファンボード
向けの波が来るポイント。今年もいいコンディションでありますように。
そしてサンライズサーフィンを楽しめますように。あぁ楽しみだ☆
[PR]
# by hiroscene | 2007-09-17 22:11 | Surfing* | Trackback | Comments(0)

【3.延期!?】海士町体験ブロガーツアー

ブロガーツアー参加が決定してから、高揚(アゲアゲ)な感じで日々が過ぎてゆき、
気付けば明日、という状態で出勤。

とりあえず仕事やる気が起こらないのは、ここ半年ほどの暗黙の了解事項としても
今日はなおさら。だってまだ荷物の総量さえ把握してない状態だったので・・・

っと、こんなばりばり仕事真っ最中の時間に不意にケータイに着震。ん?ツアーの
実行委員長の方だ?急いで席をはずして電話しやすい場所へ。

なんと、台風が近づいており悪天候とフェリーの運休が見込まれるため延期ということに。
最初、中止かと思った。でも延期との事。10月6~8の3連休。急なことで狐につままれた
感じ。

でも、これまでメールとブログと掲示板のやりとりだけで全てを信用している自分が
いいのか悪いのか、ちょっと怖くなったりもした。
顔の見えないネット社会、悪いことを企む人、組織がないとは言い切れない。
フェリー乗り場まで行ってみたら、変な集団が待っていて違う国へ連行されないとは
言い切れないし。高揚感の為、軽く自己暗示にかかっていたような気がした。

まぁその辺は持ち前の勘と嗅覚、そしてなによりこのツアーに関わる人々から伝わる、
全てがお互い見えない信頼感のような不思議なもので繋がっていることを凄く感じた
ので、自分も容易に信頼できていたのだろう。
そしてそれは凄いことだなと冷静に思う。
現実に毎日顔を付き合わせて関わっている人でさえ、繋がりを感じるのは難しいことが
多いのに。

そんなこと、そして

2003年から4年連続参加していて、今年も参加したいと思っていた朝霧JAMという
音楽フェスティバルがあるのだけど、ちょうどそこにツアー延期の日程がかぶっていた。
が、例年加熱する乱立する音楽フェス故、人気のあるものだとチケットも取れない状態で、
(これをフェスバブルと呼ばせてもらっていて、チケットの取り合いに便乗して転売する奴
 が出てくるので個人的に嫌悪感を抱いているのだけど)
今年はほぼ行くのをあきらめていた。そんなところに延期の日程がすっぽりはまってしまう
この感じ、チケットが取れないのが必然だったかのように、

このツアーにちょっと運命めいたものを勝手に感じてしまうのでした。

★朝霧JAM
http://www.smash-jpn.com/asagiri/index.html


b0041970_21424737.jpgb0041970_2158256.jpgb0041970_21431928.jpg
(今の気持ちの比較)


もしかしたらもしかすると、これからはフェスバブルじゃなく、町興し体験ツアーバブルが
起きるのかもしれない(笑)
このツアーがそんな先陣となったら面白いなぁ、なんて。期待してます。

まぁバブル的な一過性の一極集中はろくなことにならないことは目に見えているから、
バブルには成って欲しくないけど、地方分権的な特徴出しのできる環境と意識のある
日本であって欲しいなぁと思っています。
[PR]
# by hiroscene | 2007-09-14 21:43 | Ama-cho* | Trackback | Comments(6)

【2.島根っこからのアドヴァイス】海士町体験ブロガーツアー

ツアー参加が決定した週末、友人の友人(AD)が確か島根か鳥取出身だったよなぁ
と思って、何か情報を聞き出せないかと思って軽く1杯やりに行きました。

正直、ツアー申し込んだ段階でも海士町が日本地図のどこなのか知らなかったし。
京都、大阪、神戸、広島とか四国は行ったことあるけど、鳥取も島根も多分通過したことも
ないんじゃなかったかな。という具合。

(オ)東京からだとどう行くのがベターなん?→(AD)まぁふつうは米子空港からやろうな
(オ)ですよね~

(オ)米子空港着いてからフェリーの時間まで2時間以上時間潰さなきゃなんだけど・・・
 米子の美味い物は何?名物とかは?

(AD)→米子空港周りはなんもないで。よし、とーちゃんに電話して聞いてみるわ。
(オ)(おぉ凄くいい人だ☆)

(AD)ふんふん、空港から境港へ出ると色々美味い海産物が食えるらしいで。
あと、水木しげるロードがあるで。
(オ)?(あ゛ゲゲゲの鬼太郎?!)なんか面白そうかも。寄ってみよ。

(AD)てか、島根の企画なのに、鳥取紹介してどうすんの(笑)
 それにしてもええな~なんや~俺も島根帰りたくなってきたわ~

ちなみにその友人は出雲空港から車で10分ほどのところに実家が。そして父親、父親の
弟も公務員で、何年か隠岐で働いていたらしい。まじ?辿れば繋がる。世界は狭いな。

(AD)なんかまたわからんことあったら聞いてや
(オ)あれ?そういやアドレス交換してなくなくな~い?

Advansed W-ZERO3[es]ことアドエスで初めて赤外線付きケータイを手にした自分、
(赤外線でなくBluetooth付きってのはあったが・・・だれも持ってやしない・苦笑)
夢の赤外線でアドレス交換☆
友人の友人、が友人になった瞬間、でした(笑)

しっかし天気が心配だな~
〇〇〇
△△△ てるてるぼうずでツアー中だけでもぜひともピーカンに!
[PR]
# by hiroscene | 2007-09-11 23:03 | Ama-cho* | Trackback | Comments(4)

070909 Surfing*

b0041970_22583472.jpg

前日は海士町ブロガーツアーに向けてのプチ準備したりでなんやかんや。
後、島根出身の友人の友人と軽く1杯しつつ、島根、隠岐情報で盛り上がりつつ。
後、エヴィスみるくで回すDJ DAIKITI aka ごし含め4人で焼き鳥しつつ何やらかんやら、
終電前でDJ見終えて帰路。

ブログツアーのことでかなり高揚&混乱しており、心の穏やかさを感じにサーフィンしに
行こう、となんとなく思っていた。でも、酒飲んで酔ってて結局2時間も寝てないような状態
だったけど、意外に調子良く一人湘南へ。8時に着。
Tを誘うのもありかと思ったけど、かなり急な思いつきだったし完全一人サーフってのも
何時かしとこうかと。一人サーフ、初めてダナ。
オトナだね、うしゃしゃしゃしゃ(By YUKIのオールナイトニッポン(1995頃))

台風後って波ってどうなん?と思いつつ、Yahoo 波情報では鵠沼そこそこ、辻堂ナッシング
みたいな・・・でー鵠沼行こうとしたら駐車場満車。泣く泣く辻堂へ。

そうそう、今日行った理由の一つとして8月に実家帰った際に地元サーフ友人と行った
サーフショップ(海無し県にサーフショップってアツい・笑)で5000円ぐらいで買ったタッパー
(タンクトップ、ハーフパンツ袖丈の夏用ウェット)の着心地を試したかったって言うのもある。

そんなこんなで初めてのタッパー着て張り切りつつビーチへ。

もともと汚い湘南だが、いつにもまして浜辺にはごみと海草と流木が散乱・・ありえなくね?
ビーチクリーンもする気失せるぐらい。
(でも、きっと地元サーファーはやってくれるんだろうな。ごくろうさまです)

防砂の柵も倒れつつあるし、台風の凄さが想像された。

で、海。足の届く範囲では細かい流木のカスとゴミ浮遊でマジありえない。
沖へ出ればその問題は解決したが、全然乗れない波だった。1回も波を捕らえられない
なんてかなり屈辱的。まぁ乗れてる人もロングだったし、もともとそういうコンディションの日
だったのだろう。

前回の波に乗った感とは対照的に、乗せてくれない波にぶちのめされた感の1日でした。
台風後は1週間ぐらい間は空けろ、という教訓が得られて良かったか。
あとは、タッパー最強!夏場はこれに限る、って感じですな。

次回は今年で第2回目の茨城サーフトリップ 9/22~23 楽しみ☆
[PR]
# by hiroscene | 2007-09-09 22:58 | Surfing* | Trackback | Comments(0)

【1.参加決定!】海士町体験ブロガーツアー

b0041970_118576.jpg
先ほど実行委員会から連絡があり、表題のツアーに参加させて頂く事になりました!

50組以上の応募があったというお話の中、20組の内に選んでいただけたことをとても嬉しく、
またこれまで頭の中でもやもやと取り越し苦労かな?と想像していたツアーの準備と
ツアーへの期待で今からドキドキワクワク、ドキワクドキワクしております☆

国内外問わず、飛行機乗ること自体ホントに久しぶりです。大学卒業旅行(2002/03)以来
です。しかも離れ小島への旅行は初めてです。

選ばれしブロガーとして誇りを持って思いっきり五感、六感、第三の目、五臓六腑、etc・・・
を駆使して堪能して、面白い記事、そして海士町で感じたことをありのままに書けたらと
思っています。よろしくお願いいたします。

できれば、ツアー中に何回か更新、実況報告等できたら良いなと思っています。

もちろん、ツアーが終了後にじっくりと記事を書きたいと思います。


海士町と言ってもなかなかピンとこない方も多いと思いますので、下記の引用をご覧下さい。


海のさむらい。「あま」と読みます。

島根県の北60キロ、日本海に浮かぶ隠岐諸島の中の一つの島(町)
後鳥羽上皇が流された流刑地としても有名で、神楽や俳句などの歴史文化や
伝統が残る一方、島すべてが国立公園に指定されるほどの自然豊かな島。

現在人口は約2,500人。年間に生まれる子ども約10人。
人口の4割が65歳以上という超少子高齢化の過疎の町。

最新の冷凍技術を導入しての海産物の世界進出を進める
「ふるさと海士」農業特区を取って、幻の肉として知られるようになった「隠岐牛」
05年には96人のIターンを受け入れ、国勢調査では「人口増」

あらゆる面からまちおこしのモデルとして、日本一注目される島となる。

※上記は”http://ama-con.com/about.html”から引用させていただきました。



『全国のブロガーこの島に集まれ!』
海士町体験ブロガーツアー
http://oki-ama.org/blogger/

全国のブロガーこの島に集まれ!元気な離島・海士町体験ツアー
http://blogger-atumare.seesaa.net/
[PR]
# by hiroscene | 2007-09-06 01:43 | Ama-cho* | Trackback | Comments(13)

【0.応募!】海士町体験ブロガーツアー

えぇと、投稿順序がおもっくそ逆になってますがツアー応募までのなんやかんやを
今更(ブ)ログとる感じで。

仕事柄、日々の技術情報チェックは欠かせないのですが、以前は怒られたら仕事のうちと
言う名目にしようと開き直って、業務がだるい時にITMediaとかImpressとか回遊して情報
集めている習慣がついていました。

ここ2年ほどは忙しくなってきて、業務中はあまり見る時間が無いので昼休みにデスクで
パンとおにぎり食べながらチェックしてたりして。

ITMediaはちょこっとゆるい感じの記事も多くてたまにこもしろいなーと思って見ている
んですが、そんな昼休みにこのツアーの件が目に留まりました。
なんかねぇ、ほんとビビビッときた感じがしました。
(最初は本土での移動費も出ると思っていたし・笑)

純粋に観光目的の旅行ってしてないなぁと思っていたし、仕事に嫌気もさして もやもや
してたし、なんか行動起こさなきゃなと思っていて、ちょうど3連休持て余していたところに
すっぽり入ってきました。

選考は覚悟していて、このブログは果たして宣伝とか広告には成りそうもないと思いつつも
大学入試の小論文だったり、就活中の自己アピール文とか小論文的なものには
(根拠の無い)自信はあったので、イケちゃったりするかも~という微自信はあったり。
[PR]
# by hiroscene | 2007-08-28 21:57 | Ama-cho* | Trackback | Comments(0)

070811 Surfing*

b0041970_1542451.jpg
昨年同様会社同期で伊豆白浜へ行って来、きれいな海でサーフィンできるぞー
と思っていたのですが、気温・水温共に低め波もほとんど無く、自分的にも深夜の運転
疲れで、いいやーという感じでビーチで寝てすごした先週末。

やっぱりサーフィンしたい!ということで、Tを誘って湘南で待ち合わせ。
が、社会人的夏休み初日(主にはそう思われる)の為、道路は混みこみ9時待ち合わせが
10時半とかに。もちろん駐車場はどこも満車。とりあえず飯食って時間潰して海が空くのを
待ち待ち。その間Tにちょっとしたトラブルもありつつ、鵠沼の駐車場が空いていたので
鵠沼でやることに。

実に昨年9月以来のマイファンボード。ワックス塗ったが、やっぱりずっと放置してたから
きれいに落としてからまた塗りなおした方がいいかもなんて思いつつ、海へ。

マイボードとはいえ久しぶりのファンボードの不安定さとすべりっぷりに懐かしさを覚えつつ、
波のコンディションがなかなかよかった為、久しぶりに早めにテイクオフして波のフェイスを
滑り降りるアノ感じを味わえたりして楽しめた。

用事のあったTは1時間ほどでバイバイになってしまったので、その後は一人でやる。
まぁ海に出てしまうと結局一人なので、それはそれでマイペースに。
17時過ぎまで、2時間強ほどやった。まだできなくもない気もしたが、ちょっとパドると
しばらく休まないと立てないぐらいに腕は疲れてきていたので終了。とりあえず、
体力というか腕の筋肉が圧倒的に足りないなと実感しました。
もうちょっと実践で必要な筋肉を鍛えねば。

久しぶりに波に乗った感のあった日でした。
[PR]
# by hiroscene | 2007-08-12 15:04 | Surfing* | Trackback | Comments(4)